読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業の極意-①

飛び込み営業と言う仕事を、結構やっている。

 

生まれて初めて行く所で、初めて会う人と信頼関係を作って、完成しないと分からない商品を売ってくるという仕事をしている。 

 実は、この業界に飛び込み当初、2年間も全く売れなかった。

本来なら、当然クビ。長くいても、半年が関の山の世界だったのだが、なぜか気に入ってくれている一部の上司の方々がいて、頑張ってこれた。

 

本人も楽観主義的なところもあり、『そのうち何とかなるだろう』と苦しかったけれど、前向きにやったのも良かったような気がする。 

 でも、実は一度やめようと辞表まで書いた事がある。その時、その上司たちに止められたのだ。

 

今思うと、

こうしてこの営業界で長く(15年余)いられるのは、

そうした方々のお陰としか言いようがない。(感謝)

  どんなモノでも、どんな事でも、要は、人。人でしかないのだ。

 よく先輩に「人を売ってこい!」と言われたが、

その言葉自体は、私の少ないボキャブラリーのなかでは、“人身売買”(笑)を意識してしまい、あまりいい表現ではなかったのだが、最近たまに言われる。

 

初対面なのに、「お人柄に、惚れました。」

顧客にコクられたようで、嬉しいやら、こっ恥かしいやら。

不謹慎とも思われるが、そのお客様をいとおしく思ってしまうし、

何とかしてあげたいと言う気持ちで、いっぱいになる。

 

今の飽食の時代、なかなか簡単には売れない。

私が売っているものは、結構額も張るので、顧客も

一大決心、時には、不可能だと思っているを可能にする時もある。

 試行錯誤の資料作りや準備その他で、四日くらい徹夜したこともある。

顧客も必死なら、こちらも命がけで臨まないと、契約はそう簡単には取れないのだ。

 

前述の上司に、「契約を取りに行くときには、白装束(死ぬ気)を

着ていくつもりで行きなさい」と言われていた。

「生半可な気持ちで行くと、返り討ちにされますよ。」と、よく言われた。そして、毅然として、交渉に臨み、契約が取れた時には、ある意味至極の快感が待っている。

 

この厳しいけど楽しい世界が、営業と言う仕事ではないのだろうか?

 よく営業がなければ、何も始まらない、一度は、どんな業種の

人間も営業を経験しておくべきだと言われる。

 

営業は、この真髄の部分が理解できると、やめられない人類愛にあふれた仕事なのである。