読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人命救助-6/7

昔、人生の悩み、家族の悩みとくに父との隔壁。そんな思いがグルグルしていた時、交通事故を経験した。幸いに相手はいなかったので、今でいう自爆型事故!?

 

ICU(集中治療室)で、意識を回復し、

ぼわーんとしか目が見えない。

ミイラのように、全身包帯でぐるぐる巻き。

両腕に点滴とか何かの管がついている。

 

そして、ピッ、ピッと自分の脈が反応する機械が、すぐ横にある。

本当、映画のワンシーンみたいな状態で目覚めた。

自分の体がどうなっているのかさえも、分からない状態だった。

 

そして、

少しずつ分かったのは、全身骨折で、生きてたことが不思議という感じの事故だったらしい。

(後日、現場検証してくれた警察官に、めちゃめちゃで、どっちがボンネット側か?分からない私の愛車の写真(泣)を、見せられて、「あんた、生きとったんなー!」と言われたくらいだ。)

 

両脚骨折と傷多数、おまけに両脚 靱帯断裂。とてもスポーツ界に復帰する事なんて無理。夢のまた夢。歩けるようになれるかどうかも怪しい。これから一生車いすかも?と言う状態だった。

 

けれど、が、しかし、

持ち前の楽天主義(なんとかなるやろ!と言う気持ち)と、

血反吐を吐くようなリハビリのお陰で、約1年たって現役に戻り、

さささやかだが、復帰後、優勝もした。

  

今だから、自白する。

 

全く動かない自分の手、足。

汚い話で申し訳ないが、うんこもベットの上。

という状態の時、絶望して一瞬、

『あの時、死んだ方が、楽だったかも?』って

思った事は何回かある。

 

でも、

長い苦痛に耐えぬいて、栄光を手にした時は、

「本当に生きてて良かった!!」と思った。

 

 なかなか、そこまでの経験は、できないにしろ、

人間、何らかの苦難を乗り越えた時には、

喜び、幸せを感じる一瞬はきっとある。

------------------------

------------------------ 

ここで、本編に戻って、

彼女が、「助けてくれなくても良かったような・・・」と言った時。 

 

  「そんな事ないよ!生きてたら、きっと良いことがある!」

 と、かつての自分の思い出がよみがえり、反射的に言い返した。

 

 そして、

「たとえば、あなたが、いずれ結婚して、子供が生まれ、

あなたは母に、この前来たお母さんは、おばあちゃんになり、

家族でその子を見た時に、“生きてて良かった!!” と、

思える日がきっと来る」と、何故か、場違いな感じで

熱弁してしまった。

 

そして、それを体験してほしいのだ。

苦しみを乗り越えてこそ、必ずやってくる幸せな一瞬。

これこそ至福の時、生きてる喜びなのだ。=経験者は語る=

 

 

事務所の照明がやや落ちていたので、その娘の表情は、

うすぼんやりとしか分からなかったが、

きっと伝わったと思う!