読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人命救助-7/7_完結

 あれから15年。

たまに、ふっと右手の古傷を見る事がある。

と思いだす。

ほとんど忘れかけてはいるものの。

 

彼女からの便りはない。

が、

私は、信じている。

 

きっと、どっかで生きていてくれて、

そして結婚して、子供も生まれ、その子を抱いた瞬間に、

 

「あの時、生きてて良かった!!」

 

って感じてくれている事を。

 

警視総監賞は、頂けなかったが、私の右手の古傷は、

私とって、忘れられない心の勲章だ。(完)