読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人命救助-4/7

が、

風の便りに「助かった。」

ようだ。との事。

 

「よかった!」・・・

 ------------------

 ------------------

 

それから数日たって、

その娘の姉とお母さんが、会社にお礼に来た。

 

私は、カッコつけて、

「いやーよかったです。御無事で。」

と、右手の包帯を隠しながら、

事なきを聞いて無性にうれしかった。

 

詳しい内容は、聞かなかったが、

 彼氏が、・・・

 仕事で、・・・

 友達と、・・・

いろいろな事が重なってパニック状態だったらしい

よーーーく分かります。誰でも経験ある事かも?

 

ただそんな時の選択肢としての自殺は、

おすすめできないと思う。

 

そして、実家から離れて、一人暮らしをしてたので心配で、

彼女を実家に連れて帰ったようだ。

 

こんな時、家族って

無条件で包んでくれるのでありがたいよね。

 

 ------------------

 ------------------

 

それから、現実に戻って、

相変わらずダメダメ営業マンの私は、

契約も取れず、上司に死ぬ程 激づめされながらも、

持って生まれた楽天主義で、耐え忍び1っか月が

過ぎたある日・・・