読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人命救助-7/7_完結

 あれから15年。

たまに、ふっと右手の古傷を見る事がある。

と思いだす。

ほとんど忘れかけてはいるものの。

 

彼女からの便りはない。

が、

私は、信じている。

 

きっと、どっかで生きていてくれて、

そして結婚して、子供も生まれ、その子を抱いた瞬間に、

 

「あの時、生きてて良かった!!」

 

って感じてくれている事を。

 

警視総監賞は、頂けなかったが、私の右手の古傷は、

私とって、忘れられない心の勲章だ。(完)

人命救助-6/7

昔、人生の悩み、家族の悩みとくに父との隔壁。そんな思いがグルグルしていた時、交通事故を経験した。幸いに相手はいなかったので、今でいう自爆型事故!?

 

ICU(集中治療室)で、意識を回復し、

ぼわーんとしか目が見えない。

ミイラのように、全身包帯でぐるぐる巻き。

両腕に点滴とか何かの管がついている。

 

そして、ピッ、ピッと自分の脈が反応する機械が、すぐ横にある。

本当、映画のワンシーンみたいな状態で目覚めた。

自分の体がどうなっているのかさえも、分からない状態だった。

 

そして、

少しずつ分かったのは、全身骨折で、生きてたことが不思議という感じの事故だったらしい。

(後日、現場検証してくれた警察官に、めちゃめちゃで、どっちがボンネット側か?分からない私の愛車の写真(泣)を、見せられて、「あんた、生きとったんなー!」と言われたくらいだ。)

 

両脚骨折と傷多数、おまけに両脚 靱帯断裂。とてもスポーツ界に復帰する事なんて無理。夢のまた夢。歩けるようになれるかどうかも怪しい。これから一生車いすかも?と言う状態だった。

 

けれど、が、しかし、

持ち前の楽天主義(なんとかなるやろ!と言う気持ち)と、

血反吐を吐くようなリハビリのお陰で、約1年たって現役に戻り、

さささやかだが、復帰後、優勝もした。

  

今だから、自白する。

 

全く動かない自分の手、足。

汚い話で申し訳ないが、うんこもベットの上。

という状態の時、絶望して一瞬、

『あの時、死んだ方が、楽だったかも?』って

思った事は何回かある。

 

でも、

長い苦痛に耐えぬいて、栄光を手にした時は、

「本当に生きてて良かった!!」と思った。

 

 なかなか、そこまでの経験は、できないにしろ、

人間、何らかの苦難を乗り越えた時には、

喜び、幸せを感じる一瞬はきっとある。

------------------------

------------------------ 

ここで、本編に戻って、

彼女が、「助けてくれなくても良かったような・・・」と言った時。 

 

  「そんな事ないよ!生きてたら、きっと良いことがある!」

 と、かつての自分の思い出がよみがえり、反射的に言い返した。

 

 そして、

「たとえば、あなたが、いずれ結婚して、子供が生まれ、

あなたは母に、この前来たお母さんは、おばあちゃんになり、

家族でその子を見た時に、“生きてて良かった!!” と、

思える日がきっと来る」と、何故か、場違いな感じで

熱弁してしまった。

 

そして、それを体験してほしいのだ。

苦しみを乗り越えてこそ、必ずやってくる幸せな一瞬。

これこそ至福の時、生きてる喜びなのだ。=経験者は語る=

 

 

事務所の照明がやや落ちていたので、その娘の表情は、

うすぼんやりとしか分からなかったが、

きっと伝わったと思う!

人命救助-5/7

夜、

相変わらずボーズ(0=成果なし)で会社に帰ってくると、

事務員さんが、「面会でーーーす!」とわざとらしい大きな声。

 

近くにいた若い同僚は、すでに知っていたのか?

私のまわりでソワソワしていた。

 

と、

見ると、二十歳前後のかわいい女の子が

やや不安そうに佇んでいる。

 

全く身に覚えがない!

 

恐る恐るその娘を面談スペースにお誘いすると、

彼女の口から、

「この前は、ありがとうございました。」と始まった。

 

実は、

その娘が、この前、命を取り留めた本人だったのだ。 

突然、私の中に暖かいものがじわっと込み上げてきた。 

 

話している周りで、

独身の者が意味もなくうろうろしているのを、

払いながら、彼女と話を続けた。

 

「ありがとうございました。

でも、助けてくれなくても良かったような・・・ 」と、

弱弱しい話し方で、ぼそぼそと話す彼女。

 

なんとなく、なんとなくだが、気持ち、言いたい事は、分かるような気がする。誰でも生きていたら、死にたい、死にそう、と思う事は、1回くらいはあると思う。

 

実は、私も死にかけたことがある。

人命救助-4/7

が、

風の便りに「助かった。」

ようだ。との事。

 

「よかった!」・・・

 ------------------

 ------------------

 

それから数日たって、

その娘の姉とお母さんが、会社にお礼に来た。

 

私は、カッコつけて、

「いやーよかったです。御無事で。」

と、右手の包帯を隠しながら、

事なきを聞いて無性にうれしかった。

 

詳しい内容は、聞かなかったが、

 彼氏が、・・・

 仕事で、・・・

 友達と、・・・

いろいろな事が重なってパニック状態だったらしい

よーーーく分かります。誰でも経験ある事かも?

 

ただそんな時の選択肢としての自殺は、

おすすめできないと思う。

 

そして、実家から離れて、一人暮らしをしてたので心配で、

彼女を実家に連れて帰ったようだ。

 

こんな時、家族って

無条件で包んでくれるのでありがたいよね。

 

 ------------------

 ------------------

 

それから、現実に戻って、

相変わらずダメダメ営業マンの私は、

契約も取れず、上司に死ぬ程 激づめされながらも、

持って生まれた楽天主義で、耐え忍び1っか月が

過ぎたある日・・・

人命救助-3/7

彼女は、睡眠薬自殺未遂なので、

当然、血痕などある筈がない。

 

なぜにこの悲惨な状況。

不思議だ????????

 

 !

 

実は、

裏の窓をヘルメットで割った時、

私の右手にガラスが突き刺さり、それによる

大出血だったのだ。

いまでも、その傷はある=名誉の負傷(W)

 

そして

彼女は、意識朦朧のまま、内科病院に救急搬送。

私は大量出血で、外科医に救急搬送という事になった。

 

命に別状のない私は、止血及び傷の手当で、

問題なく即退院。

の手はずになった。

 

参考までに、

突然の外来なので、夜間料金ないし

保険証を持ってなかったので、

めちゃめちゃ高額請求。

 

当然、未受注ビンボー営業マン。

持ち合わせもないので、先輩に電話して、

給料日にはなんとか・・・

で、助けに来てもらった。

助けた方が助けられた!?(笑)

 

その時、

助けた女の子の消息は、内科と外科の

別病院搬送なので、知る由もなかった。・・・ 

人命救助-2/7

マジで、

右腕を机に伸ばし、身動きしない女の子の姿を見た。

机の上には、大量の睡眠薬が、蒔き散らかしていた。

完璧ドラマのワンシーンなのだが、いやいや現実!

 

私は、躊躇なく、その子に近寄った。

すると、

はーーっ、はーっと、虫の息が聞こえる。

そこで、彼女の肩を何度も叩き、

「がんばれ!!  死ぬな―!」

「がんばれ!!  死ぬな―!」

「がんばれ!!  死ぬな―!」

と、叫んだ。

 

そして、

外にいる友達に

「救急車、救急車、呼べ――――!」と、

大声で訴えた。

 

時間なんて分からない。

とにかく、救急車が来た。

 

そして、

まず、救急隊員が、

「怪我は、ないですか?」と、言われた。

 

???

 

なぜか、

その辺り一面、血の海だったのだ・・・。

人命救助-1/7

一度だけ、人命救助した事がある。

 

それは、プロスポーツ選手から引退し、

全く畑違いの営業界に入ってまもなく。

全く受注の取れないダメ営業マンの時の話。

 

長期未受注者に限らず、

その当時は、集中決戦日という事で、

夜の10時まで、会社に帰らないで営業活動をスベシ!

と言う日があった。

 

そして、ある集中決戦日。

行く当てのなく彷徨うダメ営業マン。

 

そんな時、若い女の子が、こんな時間にって感じで、

うろうろ闇の中を徘徊していた。 

 

鼻の下を伸ばしながらも、

なーんか気になり、声をかけた。

「どーしたん?」と、

女の子→「あのアパートにツレ(友達)がいるハズなのに、

連絡が取れないんです。」との事。

 

そこで、

彼女の携帯のSNSを見ると、

〇〇ちゃん、ありがとう!

〇〇ちゃん、ありがとう!

と、誰が見てもヤバっ! って感じのメッセージばかり。

 

そして、

そのアパートを見てみると、

確かに部屋に灯りがついていて、

彼女のバイクある・・・。

 

そこで、

まずは、そのアパートのオーナさんの家を探し、見つけ、

報告した。オーナーさんも、さすがに、もしもの事を考え

腰が引けていた。

 

そして、

管理会社にもお願いしたが、

時間が時間だけに対応が遅い。

 

友達は、もう半狂乱で、

「部屋に飛び込む!!!」と、ヘルメットで

部屋の外側の窓を割って中に入る覚悟。

 

何故、そこで、と、

私の取った行動が、あとあと理解できなかったのだが、

その彼女のヘルメットを奪い取り、突撃した。

 

そして、

友達、アパートのオーナーを制止して、

「中に入るな」と、私だけ、入った。

 

そこで、私が見たものは、・・・