AIには、自分がない!

最近、非常に気になる話題。

www.youtube.com

技術の発達で、ある意味機械は人間を超えている。

ただその発達過程では、人間が過去作り出した様々なデータを、より効率的な高速処理が行われているだけのような気がする。

そして最近は、自分で考えるAIへとたどり着こうとしている。

確かに過去のより良好なデータを集めて、高速処理すれば素晴らしいものができるのではないかとは思うが、ここで私に1つ大きな疑問が持ち上がった。

 

自分という存在。

自分って何?

 

そして、こんな動画もある。

www.youtube.com

今の自分じゃない自分の発見。

本当(?)の自分を探す旅が、始まったような気がする。

時代の一辺 2/2

f:id:kkkkktorok:20170619080047p:plain

そして、いよいよ仕事始め。

JR通勤なので、定期が必要。

ところが、1万円ちょっとの、

定期を買うお金もないらしい(唖然)

まさか会社にいきなり前借もできない。

仕方なく私が立て替える。

 

やや悲しくなった。が、気を取り直して、戦いに行く準備はできた。

そして、いざ業務スタート。

以前の彼の姿しか見た事がないので、信頼して解き放つ。

 

そして、私は私のテリトリーで仕事をこなし、一定時間で回収した。

ところが、何か変、何かおかしい。以前と雰囲気が全く違うのだ。

 

何か後ろ向きで、成果もない。

まあ初日なので、しょうがないか?

と、さりげなく業務終了。

帰りは、以前一緒だった会社の話で、盛り上がる。

そして、 

明日は、がんばろう。

今日こそ、がんばろう。

で、3日が過ぎた。

 

以前と違って、全然 成果が出ない。

いろいろたとえ話、解釈法、戦略とかを話して聞かせたのだが、

一向に成果に結びつかない。

 

そこで、最終、普通の営業マンは、嫌がる事。

同行、ないしロープレ(トークのシミュレーション)をする。

と、驚くほど、彼の力量は、落ちていた。

新入生のレベル。ありえない。

 

顧客に軽く断れているのだ。ビックリした。

営業用語で言う“ 切り返しトーク ”、とか『 強い気持ち 』とかが、

全く消え失せているのだ。

そんな事じゃダメだと、いろいろなアイデアを話すも、

全然変化なし。

そして、未成果で平気で帰ってくる。

 

ハッキリ言って、「 使えない。」と気付いた。

 

以前の会社から別れて4年余り、様々な会社を経験して

うちに来たのだが、全く別人のような有様に、可哀想になった。

他の会社で、叩かれ、叩かれ、人格解離とまでは行かなくとも、

本来の統一した状態ではなく、別人のような振る舞い。つくづく現実社会の悲哀を感じた。仕事したい気持ちは分かるが、彼には休養が必要ではと思った。

 

私も、遊んでいる訳ではないし、教育係としての時間もお金も

会社から出るわけではない。

 

辞めてもらった。

 

クビは、言われる方もつらいだろうが、言う方だってつらい。

 

行きどころない思いが、私の中で淀んでいる。

これが現実社会の厳しい所。今の時代の一辺である。

ニンホウハン公式って何?(副題)瞬間マインドコントロール

f:id:kkkkktorok:20170618073901p:plain

営業界で俗に言う、“切り返し”と言う技に関しての公式です。

普通に営業に行って訪問しても、「お待ちしていました。

すぐにやります(買います)!」と言う場面に出会う事など

奇跡に近いと思います。

 

では、どうやって売るか?相手の言ってる反論をどう切り返し、自分の有利な方向に持っていくか?

それが問題です!

 

 切り返し公式=ニンホウハン(認・褒・翻)は、

誤解しないようにお願いします。

ズバリ答えを言うと、“瞬間マインド・コントロールです。

  

人生は、きっかけが必要です。

私は、きっかけマン!

私が厳選した素晴らしい商品を知って頂き、

それを理解―満足して買って頂く仕事をして、早15年。

 

今、まさに皆様にご満足して頂ける商品を、

お持ちする事が出来るようになりました。

では!~~~

 

なんて都合のいい、胡散臭そうな話に乗ってくる人なんて、

ほぼ皆無でしょう(笑)

 

いかに現在持っておられる顧客自身のご意見を

自分の方に変えて頂き、商品に興味を持って頂くか? 

そして、買って頂くか?

 

様々な諸先輩、同輩、後輩営業マンが、日々、知恵を絞っているか?

いくら良いものを作っても、売れなければ、企業としての

存続はありえません。おまけに世の中には、類似・酷似商品の多い事。

 

その中で自社の商品を他社と差別化して、ナンバーワンまでとは言わないが、顧客にとってオンリーワンになるためには、どうすれば良いか?

 

日々営業マンは、知恵を絞っています。

そして、様々なやり方で、このサバイバル・ワールドを

生き延びてきています。

 

ニンホウハン(認・褒・翻)公式は、こうした中で生まれてきた、

心理学と経験則を駆使した営業手法です。

 

仕事のみならず、日常生活の一コマでの人間関係を円滑に、

そして瞬間的に有利に運ぶ技です・・・以下、ココナラにて!

 

もしよかったら、読んでみて下さい。きっとあなたの人生でお役にたてると信じて、執筆しました。

f:id:kkkkktorok:20170618095402g:plain

 

【お通じスッキリ足置き台】を自作してみた!

【お通じスッキリ足置き台】を自作してみた!

 

人には、なかなか相談できないトイレの悩み

放っておくわけにも行けないし、便秘は度を超すとに係わる重大な問題だ。

 

便秘とか排便の悩みは、もう想像もできないくらい昔から、古今東西の内なる大問題で、薬あり、体操あり、器具ありで、いろいろ研究されてはきている。しかし、なかなか簡単に解決できる問題ではないようだ。

 

先日、ネットでたまたま見たトイレ足置き台

世界中で話題で大ヒットしているらしい。

試してみたい気もしたが、結構な値段がする。

要は、洋式トイレにすわって、足をやや上げて直腸の角度を35°にすればいいらしい。約18cmくらいの高さの台があればいいのである。

f:id:kkkkktorok:20170617184026j:plain

 

f:id:kkkkktorok:20170617184045j:plain

 

そこで、まず、をかき集めてきて束ねて、高さを測りやってみた。

 

f:id:kkkkktorok:20170617184129j:plain

 

ここで少し脱線するが、

この『本を束ねる。』って結構、めんどくさいのだが、いい動画があったので紹介する。

 

https://www.youtube.com/watch?v=CzXmZ3PHfp8

 

そして、こんな感じで、

 

f:id:kkkkktorok:20170617184306j:plain

 

2つ束ねて置いて排便してみた。

 

なんと!

結構いい感じでうんちが、スルスルって出た!

(快~感)

 

しかし本をただ重ねているだけで、

なんか落ち着かない。

 

そこで、突然ひらめいた!

 

f:id:kkkkktorok:20170617184446j:plain

 

100円均で、売っている発泡スチロールのブロック!

大なので、200円(税別)する。

 

それを2つ重ねて安定感を出し、

 

f:id:kkkkktorok:20170617184539j:plain

 

ガムテープで留め、高さを測ると、

 

f:id:kkkkktorok:20170617184715j:plain

それを2個×2

トイレにセッティング!!

 

f:id:kkkkktorok:20170617184806j:plain

 

自作

【お通じスッキリ足置き台】

                       の完成だ!

 

 

※総製作費

発泡スチロールブロック(大)  200円×4

                 =800円

消費税(8%)             64円

-----------------------------------------------------------------------

合計                864円

  

快適なトイレ生活のはじまり、

あのスルスルスルッていう快感。

明日からトイレに行くのが楽しみだ!

 end

 

 

 

 

 

時代の一辺 1/2

先日、突然 昔の会社の部下が、わが家にやって来た。

営業でアポインターと言う仕事をよく頑張ってくれていたので、

よく覚えていた。なつかしいやら、うれしいやらで、かつての話に花が咲いた。ひとしきり話したところで、「要件は何?」と聞くと、

「実は、今仕事がないので探しているんですよ。もしよかったら、また一緒に働かせてもらえないですか?」と言う事だった。

 

彼の実力も知っており、何とかしてやりたいのは、山々なのだが、

年齢73歳という条件は、社会では、非常にきびしいハードルだ。

 

「ぶっちゃけ、年金とかで何とかならないの?」って聞いたら、

「実は、国民年金なので、月7万円、女房と合わせても、14万円なので、どうしようもないんですよ!」という悲鳴のような語り口だった。

ガーーーーン!そんだけーーーー!。

 

そこで、初めて私は、現代の真実を知った。他人事ではない!

一生懸命働いて働いて、税金・年金を払い、そんな末路が存在すると誰が予測するだろう?

なんとかしてやらなきゃ!

そう決心して、現在働いている定年制度のない、有り難い会社の社長に、書類だと軽く落とされそうな気がしたので、直面接のアポを切った。

 

アポは取れたが、どうやって合格させるか?

この年齢、この経歴(かなり会社を替わっている)のをどう説明して、クリアするか?

 

そんな事、自分で考えろ的な話なのだが、せっかく私を頼って来てくれたので、何とか再就職させてやろうと知恵を絞った。

そして、以前テレビでやっていたこの話↓

 

スタッフ:おいくつでいらっしゃるんですか?
浜田さん:今93歳です。

 

f:id:kkkkktorok:20170615102028j:plain

 

 

今日は、実のお孫さんが来店中。

浜田さん:このクリームを顔に塗って伸ばしてね。夜だけでいいから…。

さすが、スキンケアのアドバイスは欠かせない。でもまさかお孫さんにもセールスしちゃうとか?

孫:今日はこれを紹介してもらって、買おうかなと思っています。
スタッフ:ええ、買っちゃうんですか?

お孫さんにも3万円のクリームを売っちゃう浜田さんは、毎月100万円以上の売り上げを24年間続けた伝説のポーラレディ。

スタッフ:商品ってけっこう高いじゃないですか。それでも、そんなに売れるなんてスゴイですね。
浜田さん:そうですよ。でも田舎のおばあちゃんはお金持ちで、いっぱい持っていますから。

しかし、もちろんお金があれば買ってくれるってもんじゃない。この日も、浜田さん、荒れている肌が目に付いたのか、突然スタッフの女の子を呼んで、美容のアドバイス。イメージ

90歳を超えてなお、美にこだわる姿勢と、的確なアドバイスが、お客さんを離さないってことなのですね。全国のポーラレディは14万5000人。その内、90歳以上で現役の方が、500人もいるっていうからすごい!
こりゃまだまだ、がっちりが続きそうですね! 

 

93才のセールスレディが存在する。

これだ!これしかない!とばかり、彼の人の良さと、この情報を添えて、ついでに私の付き添いで、いざ面接現場に立ち会った。

 

最初は、怪訝そうに見ていた社長、幹部も、このセールスレディーの話、良くしゃべる私の説得?でなんとか試してみてもらえることになった。

 

彼は再就職に成功した。

       おめでとう!        つづく。

 

 

kkkkktorokの意味

急に書きたくなったので、投稿します。

私のkkkkktorokの意味についてです。

 

知ってる人は、知っている。知らない人は知らない世界。

 

以前、セカンドライフという3Dゲームのような世界がありました。

 

セカンドライフ=第2の人生。

いずれは、リタイヤして次の人生という意味で、興味があり、たまたま知り合いの創設当初のIT会社の社長に頼んで、セカンドライフに土地を買い、結構楽しく自分好みの

家を建て、設備を揃え、住んでいました。

 

ところが、その知り合いの会社は、倒産し、わけのわからないことになって、アクセスできなくなってしまったのです。

 

でも、馬鹿な少年の心は、いつまでたっても夢を捨てきれず、名前だけですけど、kkkkktorokって使ってます。

いとおかし。

【営業マジック】スーグット法のさわり-

【営業マジック】スーグット法

 

 私は、この15年間、数万円から数億円の様々な商品を、全く知らない所に行き、初めてお会いした人に数回で売るという営業の仕事をしてきました。ものは違えど人に、ものを売るという事に共通のやり方を見出し、車のF1のテクノロジーが広く市販車にも生かされているように、厳しい営業界のテクノロジーが、広く一般社会でも活用していただけたらと思い、執筆致しました。

 

様々な営業手法がありますが、その中の一つです。決して難しいやり方ではないので、内容を十分理解して使ってみて下さい。私も仕事の場面のみならず、日常生活の中でも使って、妻や娘を少し驚かせたりしています(^^m

 

---------------------------------------------------

 1.営業について

 

人がものを買うという行為。

本当に自分が、欲しい!必要だ!と思うのなら、

自分で探して自分で買うでしょう。

そんな世界に営業は、存在しません。

ところが、人間は、無知なのです。『知って得する。

知らずに損する』。こんなに情報があふれているのに。普通の人間として、クイズ番組なんかを見て、知らない事が多いなあって思った事ないですか?

 

【営業の醍醐味とは?】

“最初はあまり知らないし、欲しくもなかったものを、

必要と知って頂き、欲しいと思って頂く。

全く買う気がなかったのに、その気になって

その時に、買う。

お客様も喜び、商品製作者も喜び、営業マンも喜ぶ。

それぞれが、“快感”なのです。

(営業は、ある意味、商品ではなく、

“快感”を売っています)

それでは、その“快感”に導く方法について説明します。

 

2.【スーグット法】とは、何か?

 

つづきは、ココナラでお願いします。