Mr.キリギリスより(急)!

f:id:kkkkktorok:20180514063442j:plain

『超 格差社会

www.youtube.com

↑大学行っても貧乏、出ても貧乏!の実話。

 

学校で教えるべき最もたいせつな事。

『お金の勉強』!!!

 

世の中で、最も大事なもの

  *それは、お金!

 

とは、思いたくないが、ほとんどの事は、

お金で解決できる!

 

かくいう私、

“Mr.キリギリス”は、

 若いころは、プロスポーツの世界で

一稼ぎしては、豪遊していた。

 

今でこそ気づいたのだが、

クラブ、ラウンジなどに、

飲みに行っても、周りはじじいばかり。

 

その中に場違いな若い者が、

札を切って大盤振る舞いをしていたので、

持てるのは当然の世界だった。楽しかった!!

 

*がしかし、がしかし、がしかし、

  ◎冬が来るのを知らなかった~~~!

www.youtube.com

お金を使い切って、スッテンテンになっても、 

まあ、また今度一稼ぎすれば、すぐ取り戻せる!

バカな自信があった。

常にあった!

 

ところが、

   突然、

 働けなくなった。(脳出血

f:id:kkkkktorok:20180503081056j:plain 

①朝起きると、吐き気がする。

孫悟空の輪が入ったように頭が痛い。

③右目だけ、やや霧の中にいるような

 霞がある。

③ずーーーと真夏のセミが、

 「シャン!シャン!」 頭の中で鳴いている

④文字は、自分でも何を書いたのか?

 判読不能な事が多いので、PCに

タイピングしているのだが、右手が、

うまく動かないのでイライラして、

たまに発狂しそうになり、

「うおー!」

って言って、ストレスを発散させている。

⑤元 プロスポーツマンだったので、

やりこんできた人間にしかわからないが、

微妙に左右バランスが狂っている。

自転車がうまくこげない。情けない。

⑥両脚、どこも悪くないのに、

ややびっこをひいている。←脳神経外科

病院に行って待合せてたら、

そんなお年寄りの姿をたくさん見る。

・・・将来のわたしの姿?

*脳出血脳卒中】の後遺症

=『痙縮 けいしゅく』(こわばり)

というのがあるらしい。

 「あの時、もし死んでいたら!・・・

と思うと、

「生きてて、よかった!」とは、思うが、

発症後、3日くらい変な動悸がして、

寝るのが怖かった。 

 

「このまま・・・・・・・・・

 

*にかけた事は、以前にもあったが、

こんな感じは初めてだ。

 

 *「天国と地獄」

 この落差。ある意味、感動する!?

 

そして、

その死の淵から、

なんとか奪還した後に、

気づいた事。

“アリとキリギリス”

(バカだなああああ!)

情けなさ過ぎて×2

笑えた!

www.youtube.com

*「フローをストックに変えておけば良かった!!!」


 超反省、超反省

 そして、

いろいろお金、経済、社会の事を、勉強すればする程、

ふつふつと湧いてきた怒り!

「なんで、学校でお金の授業がないんだ!」

今、流行りの

英語とか、プログラミングとかではなく、

お金のお勉強!(急務)

 

“上手に稼いで上手に使う!”←貯める・増やすを含めて。

 

特に最近、格差社会、若年者貧困・・・

問題山積ではないのか?

 

稼ぎ方と使い方をしっかり勉強しておかないと、

こんな事になる(私)

めちゃめちゃいい見本!

(笑and泣)

 

そして、焦ってネット経由や投資関係、

で稼げないか?探しまくる!試しまくる!

(幸いギャンブルはしないのだが)

 

それでも、

 みなさん、言っときます!

 

世の中のおいしい話。

99.9%、詐欺か騙しですよーーーーー!

(小さく騙された、小心者?、傷心者?より)

 

*正しいお金の知識がないと、

甘言にのってしまうと、

ヤケドをする!

   まちがいない!

 世の中そんなに甘くない。 

【正しいメンター必要!!!】

 

いかに効率良く稼ぎ、

稼いだお金をいかに効率よく使うか?

 

これは、=知識と学習= だと思う。 

これを、早い時期に教えておかないと、

ひどい目にあう。ww

 

しかし、

今の時代は、自主学習なのだ。

急務だ。

 

-Mr.キリギリスより(急)!

  

そして、

 (つづく)

たとえ、どぶの中でも前のめり!『自分の人生は、自分で決める!』

f:id:kkkkktorok:20180504112418j:plain

f:id:kkkkktorok:20180504112446j:plain

まんが『巨人の星』の中に出てくる

坂本竜馬” の言葉が好きである。

「…たとえ、どぶの中でも前のめり…!」 

 

ある日突然。

夕食を取っている時、私の右手から、

箸がぽろっと落ちた。

「あっ、やっちまった!」と思い、

拾おうとするが、ぜんぜん掴めない。

 

横では、

妻が夢中でタブレットに何か必死で打ち込んでいて、

「話しかけないで!」の指示だったので、

箸が握れず、飯も食えないし、

「ええい寝ちまえ!」と思い、

そのまま就寝した。

 

翌日、

今度は、単純に言うと、

 字が書けなくなった!

詳しく言うと、自分の思っている事を

メモしようとしても、文字にならない。

うまく書けないのだ!

 

なんかイライラする。

これはもう言わなきゃ!と思い、

妻に話すと、

「ひょっとして、ヤバいんじゃない!」

と言われ、

自分も嫌な予感が走ったが、その日は、

どうしても外せない顧客との商談があり、

休んで病院に行く訳にもいかない。

 

少し考えて、

夕方まで開いている脳神経外科はないかと探す。

幸いにも、一軒だけ夕方受診OKな所を見つけ、

仕事を何とかこなし、病院へと向かう。

 

ギリギリ診察時間内に間に合い、

問診、握力検査、反応試験のあと、

MRIをする事になる。

 

知ってる人は知っている。

あの工事現場のような音のするトンネルの中に

15分~20分くらいだろうか?入った。

嫌いな人はMRIって不気味なので、

閉所恐怖症の人にはつらい診断機。

 f:id:kkkkktorok:20180504122219j:plain

 そのトンネルをぬけると、車いすだった。

目の前に車いすを持ってきた看護師さんの姿。

「なにごと!?」って感じだったので、

「なんですか?」と聞くと、

 

看護師>「とにかく、乗って下さい」

私>「いや、いいです」

 

看護師>「とにかく、乗って下さい」

私>「いや、いいです」

 

看護師>「とにかく、乗って下さい」

私>「いや、いいです」・・・の問答の後。

 

半強制的に、レントゲン技師の男の人にも言われ、

きゃしゃな小柄の看護師さんに押されて、

周りの人が何事?って言う雰囲気の中(はずーー)、

車いすにて診察室まで帰った。

 

そこで待っていたのは、

医者から、至極冷静に、

 「脳出血(左脳)してます!」

 f:id:kkkkktorok:20180504121233j:plain

「急に転倒されたら、危険なので、

車いすで戻ってきてもらいました。

2週間程度の、入院治療が必要です。」と言われた。

「ガビィーーーーン!!!」

わたし的には、大ショック!!!

 

「放っておくと、右半身不随ないし、

テンカンないし、運転中どこかで意識を失ったら、

事故の危険性もあります」と

最大限の医者の脅し(失礼)。

 

一瞬、

部屋中の電気が消えた!

真っ暗になった! 

 f:id:kkkkktorok:20180504121449p:plain

             気がした!

そして、MRIの画像をじっくり見た。 

力の入らない右手。

痺れのある右肩。

右半分の顔のこわばり。

右目のカスミ。
びっこ歩き。

自転車がうまくこげない。

 すべての謎が、一気に解けた!

 

時が止まった。

 f:id:kkkkktorok:20180504121859j:plain

・・・・・

 

が、次に考えた事は、

今のわが家の経済状態。

今受けた診察のMRIも、

貧乏人からいえば、多額の費用。

 

その上に、

脳神経外科への入院、検査、治療となると、軽く、

うん十万円、下手すると桁違いの額になる!

 

とても、

今の経済状況では、おちおち入院などしておれない。

 

そして、

なぜか?

入院すると、帰ってこれない

ような気がした。

なぜか?

 

「奥さんに、ご連絡してください!」

と医者は、ベッドの空きを確認し、

即時、入院を促した。

 

頭の中でいろんなことが駆け巡った。

 

そこで、ピキッと出てきたのが、

先程の坂本竜馬のことば!

 

「…たとえ、どぶの中でも前のめり…!」

 

まだ、

やり残した事は、たくさんある

ここで、入院、治療している、

金も、時間もない!

 

そう決断した時。

車いすから、

すくっと立ち上がり、

医者に一言。

自分の人生なので、

自分で決めます!

今、とても入院しているような状況ではないので、

先生!

何をすれば、

何をやめれば、

生き延びれますか?

 と、たぶん強い語調で聞いたと思う。

 

医者は、

目を丸くして、この状況で、自宅療養?

「ありえん!」とでも、言いたそうな顔で!

 

■禁酒、

■禁煙、

■減量、

■血圧コントロール

◾呼吸コントロール

■精神状態のコントロール・・・

 を指示した。

「分かりました。それ全部クリアしますので、

帰してください!」

と言うと、

「死にますよ!」

とまでは言われなかったが、

「後悔しませんか?」

「私は、あなたを引き留めなくて

奥さんに怒られませんか?」

とまで、言われる。

 

私>「大丈夫です」

 

そして、再度、

自分の人生は、自分で決めます!

と言って、病院を後にした。

 (つづく)

 

 LPT!(レッツ・ポジティブ・シンキング

“利害相反” について『自分を守るのは、自分しかいない!』

f:id:kkkkktorok:20180503074455j:plain

今、やっている吉高由里子の『正義のセ』というドラマが好きだ。

本当の正義、真実に向かって、まっしぐらの大暴走をする

凜々子の姿に感動、共感したりする。

----------------------------------------------------- 

  【利害相反】

と言いう言葉をご存じだろうか?

→「依頼や法律相談を受けた案件については、

弁護士がその相手方から依頼を受けることは

禁止されている。」という事らしい。

 

今、

会社と、もめている

 

5年以上も勤めている、ちっちゃな工務店なのだが、

入社当初の搾取問題に端を発し、

先日、あまりの理不尽さ、横暴さに我慢できず、

ついに! ついに! ついに!

私の左の脳の血管が切れた~~~~~~~~~!

f:id:kkkkktorok:20180503081056j:plain

ブチッ!

とは言わなかったが、突然、箸が握れなくなり、

次の日、字が書けなくなった。

 →本来入院なのだが、貧困社会の悲哀。

 多額の入院費も払えないし、長期欠勤もままならない状況。

なので、自己リハビリ(禁酒、禁煙、減量、血圧低下の黒酢

夜納豆、情動のコントロール…)などの

自宅療法を駆使してなんとか生き延びている。

 

今の上下関係が、当たり前の日本の労働環境のなか、

◎従業員は、ガマンである。

 

 

“物言わぬ大衆が主権であり、

物言う個人は、

反逆者なのだ!”

 

様々な、搾取、いじめ、差別には、

持ち前の楽天主義で耐えてきたのだが、

今回は、ついに肉体が悲鳴を上げた!

 

 「もう限界だ!!」

 と思い、

 

まずは、

労働基準監督署

という所に相談。あまり要領を得ない所もあり、

次に

『労働局』

に相談。

ここも、あっせんという所までは、進めれるらしいのだが、

強制的に相手方を同席させることが出来ず、呼び出しをかけても

相手方、特に今回のような上からの経営者などは、

席に出て来ない場合が多いらしい。

 

  弱者に生きる道はないのか?

  このまま泣き寝入りをするのか?

それは、イヤだー!

  死ぬしかないのか!?

それも、イヤだー!

 

ここまで来ると、いちかばちか、

もう出る所に出る!

裁判しかない!

 

金がかかる  (T_T)

すでに治療費でさえMRIとかは、

貧困層としては多額の出費!

家族・親戚・知り合いにも

あまり心配はかけれないし・・・。

 

そこで、まずは、

最近、はやりの無料法律相談

“法テラス”

という所に電話をかけてみた。

 

ここが最悪。

まず、何を聞かれたかと言うと、

 現財産年収

 意味不明!

→一定額以下の財産と収入でないと

相談を受けられないそうだ!!!

OMG!(おー・まい・ごっど)

世の中、よく分からないことだらけ(笑)

 

よく分からないし、めんどくさいので、

ここは決心が揺らぐつもりもないので、

一般弁護士に相談する決心をした。

 (弁護士相談料=相場費用は、30分=5,000円かそれ以上!)

でもかまわない!という、今の気持ちで電話した!

 

2年前、

弁護士の知り合いもいないので、

こじれている状況の中、どうしても我慢できず、

経営者に言って、

 どっちが正しいか?

三者立会いの下でということで、正しい判断を仰ぐため、

経営者側が依頼した弁護士と3人で話したことがある。

 その時は、本来は経営者サイドの弁護士なのだが、“正義のセ”!

正しい答えを導き出してくれて、不当労働条件に対して正しい判断の下、

経営者に賃金の支払いと労働条件の明示化(就業規則と給与規定の作成)

の指示をしてくれた。正しい“正義のセ”の判断をしてくれたので、

スカッとした!

 

ところが、『のど元過ぎれば熱さを忘れる』で、あれから2年。

全く改善されない状況。

そして前回に増しての悲惨な状態-脳出血!!問題まで勃発したので、この前相談した、正しく判断してくれるいい感じの弁護士先生に、再びお願いしようと甘い考えで電話したのだった。が、

ここで初めて、

 【利害相反】

と言う言葉を知る!(前述説明)

 

少しでも、聞いてもらいたかったのだが、利害相反という事で、

電話にも出ないし、全く取り合ってさえもらえなかった(T_T)

  ?正義のセって何?

 しかたなく、他の弁護士に有料相談の予約をしたのだ。

 

“弁護士って正義の味方じゃないんだ!”

顧客優先、法律を駆使して、顧客利益を目指す。そんな感じがした。公平に真実を直視しアドバイスする事が出来ないのか?と感じたのは、私だけだろうか!? 

 

決して弁護士先生全体を敵に回して、戦いを挑むつもりはない。

ただこうした扱いは、馬鹿な頭には理解できない所がある。

「話くらい、聞いてくれてもいいんじゃないか?」

とさびしく感じた。

 

ここまで、打ちのめされると、

脳の血管がきれても、弱いままでいられない。

わたしは、戦う決意をした。

 

パスカル≫のことばに、 

 

パスカルの名言|力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である

というのがある。

 

弱いままでは、生きていけない!

[パラリンピック]や[アドラー心理学【目的論】]

じゃないけど、

このハンディ(脳出血)を、

エネルギー(力)に変えて、

強く生きなきゃ!

そう強く感じた。

 『自分を守るのは、自分しかいない!』

そして、

まずは、連休明けの

5月7日の13:50

前回、話を聞いてもらった弁護士とは違う弁護士に、

一からたった30分余の短い時間で、

5年分の相談に行く!!!

         (つづく)

 

LPT!(レッツ・ポジティブ・シンキング

"ボーイズ・ビー・アンビシャス" 『少年よ大志を抱け!』【クラーク先生の末路】

説明:

f:id:kkkkktorok:20180425055852j:plain

 "ボーイズ・ビー・アンビシャス" 『少年よ大志を抱け!』【クラーク先生の末路】

帰国後はマサチューセッツ農科大学の学長を辞め、洋上大学の開学を企画するが失敗。その後、知人と共に鉱山会社を設立し、当初は大きな利益を上げたが、やがて会社は破産。その後破産をめぐる裁判に訴えられて悩まされた。晩年は心臓病にかかって寝たり起きたりの生活となり、1886年3月9日、失意のうちに59歳でこの世を去った 。

 

あまりにも悲しい末路。

昨日、ふっと見たテレビでやっていた。

なんと夢のない。なんとさびしい話。

最初は、そう思いながら見ていたのだが、よくよく自分に、今の時代に、照らし合わせていたら、なんかへんな気持ちになってきた。

 

あれほど、後世に残るような偉大な業績を言葉を残してきた方も、

所詮、ただの人間。

良かったり、悪かったり。

 

今、私はどん底である。

確かに若い頃、いい時も、いい事も、あったのだが、私のみならず今の時代、世間は、非常にきびしいというのが、現場からの声であるw

 

しかし、

このクラーク先生の話を聞いていて、私のみならず同じことを感じていた人はいるのではないか?

 

こんなにすごい人でも、

良かったり、悪かったり、

おまけに最期は最悪じゃん!!

 

と思った時に、笑えた。

 

“今日も、齷齪、頑張ってみよう!”っと思った。

変に勇気づけられた出来事だった。

 LPT!(レッツ・ポジティブ・シンキング

“アマゾン企業戦略に学ぶ"「それ!騙されてますよ!」 【リフォーム工事】における“情報の非対称”

f:id:kkkkktorok:20180330101700j:plain

---------------------------

  <情報の非対称>

※「売り手」「買い手」の間において、

「売り手」のみが専門知識情報を有し、

「買い手」はそれを知らないというように、

“双方で情報知識の共有が、

できていない状態”

のことを指す。

---------------------------------------------------

私は、

リアルでは、工務店リフォーム営業マンをしている。

ちっちゃいけど、そこそこしっかりしている工務店なので、

“ 飛び込み ” で話を進めても、ちゃんと伝わりさえすれば、

お陰様で、最終交渉後→ほぼ即決でいつも契約を頂いている。

 

 まれに、「返事を待ってくれ!」と言われても、

100万円_前後

またはそれ以上!

の高い買い物なので、当然だ思い、お待ちする。

 

※この前、屋根・外壁塗装の案件でこんな事があった。

 

最終交渉をしていて、

「ちょっと、

何日か

待ってください。

と言うタイプのお客様だったので、

快く「お待ちします。」で、一旦退散した。

☆他社の話も聞いてみたいという事のようだ。

 

わたし的には、相見積もりは当然!であり、

逆に

相見積もりすべきであり、して欲しい

と思っている。

 

なぜなら、

相見積もりして頂き、もし当社を選んで頂いた暁には、

その資料を頂け、貴重な私の営業ツールになるからである。

(結構、持ってま~す(^^m)

 

 

ところが、

その「ちょっと待って」と言ったお客様、

知らない間に他社と、なんと!

  契約してたーー!

          「マジか!?」と思い、

 真摯に話を、おくさんにお伺いすると、

主人がメーカーブランドが気に入ってか、

わたしの会社で使っているのより、

効力の低い塗料で、

うちより

高い価格で、

契約したというのだ!

(T-T*) 

私は、個人的に他社の、科学的データ

持っているので、

 「ちょっとまて、

ちょっとまて、

おにいさん!」

f:id:kkkkktorok:20180330111900j:plain

と、再提案したいところだったが、決めてしまった事をひっくり返すのは、ご主人さんもいい気はしないし、その業者だって黙ってはいないと思うので、ぐっと涙をのんだ。

---------------------------

 <情報の非対称>

「売り手」は、「原価+利益」

 「買い手」は、

「なっとく購入価格」が、

一致していたら、何の問題ない世界だ、が、

 ◎ここに、たまに

大きな 

情報的差異」_

が生じる!

<情報が非対称>

なのである!

 

※「売り手」にすれば、

いかに安く仕入(作り)

自分の利益をのせて、

 いかに高く売るか?が

ビジネスである。

 

ここには、本来、企業の良心が不可欠なのだが、

残念ながら、資本主義のお決まり<搾取>の理念が含まれる

ことが多い←全部とは言わないよ!

 

※一方、「買い手」にしてみれば、

『 満足できるもの 』=良品を、

いかに安く買うか?

という、

【価格】【価値】

の戦いがある。

☆【価格】とは、相対的で客観的な評価、

★【価値】とは主観的な感覚であると思う。

 

簡単に言うと、「買い手」からすると

「買ってよかった!」(価値)と自分が思い、

“周りが好評価”(価格)してくれたら、

何の問題のない世界である。

 f:id:kkkkktorok:20180330104126j:plain

ところが、

ほとんどの取引は、このバランスがうまく取れていないのが実情ではないのだろうか?(ズバリ!「売り手」側にいる者として)

 そこには、

情報の非対称>がある。

------------------------------------------------------------ 

※こんな事もあった。

ネットで “ココナラ” というサイトで、

心の悩み相談 ” をしている。

coconala.com

 

ある相談者の話。

最初は、一般相談者からの御悩み事として

対応していたのだが、よくよく聞くと、

なんとそのサイトで

占いの出品をしている大先生からの

御悩み事であった! 

 

>実は、リフォーム工事をしたのはいいけれど、手抜きをされて、家が傾きそうにひどいので、弁護士を立てて裁判を起こそうとしているが、建築知識等の必要な訴訟なので、弁護士にも不確実な所があり、いろいろ教えて欲しいという内容>

 f:id:kkkkktorok:20180326180546j:plain

 (オーバーな写真でした。すみませんm(_ _)m )

 

リアルの仕事(工務店のリフォーム営業マン)も、

お伝えしているので、頼って来てくれた事は、うれしい!?

そして、その“業者”=「売り手」の工事の内容は、かなりのお粗末!

 f:id:kkkkktorok:20180330105417j:plain

 !近くなら、即 駆けつけて

お手伝いするのだが、田舎の私からはあまりにも遠隔地。

メッセージのアドバイスしかできなかった

ゴメンナサイm(_ _)m

 

※同類業者として、ひじょーーうに、

淋しい思いがした!

 そして、いろいろ話を聞くところ。

本来は、弱者である消費者「買い手」は、常に守られている。

と言っても、

工事完了後のクレーム裁判は、あまり良い判例はないらしい!

かなりの事例で、“泣き寝入り”

の結末が多いと嘆いていた。

・・・くやしい限りです。

------------------------------------------------------------

  情報の非対称>

f:id:kkkkktorok:20180330110100j:plain

Eコマース(電子商取引)の世界

アマゾンとかのネットショッピングにも、

この<情報の非対称>が存在する。

 

巷は、

[ネットショッピング

全盛期]

なのだが、

ちょーーと冷静に考えてみて欲しい。

 

「買い物をしたのは、いいけれど」

 ほんとうに、

それって、大丈夫!?

って考えた事、ないですか?

 

!いくら「早い」って、頑張っても

何時間後、次の日、何日後。

リアルタイムではない!

 

※アマゾンとかは、まずは、本来ニッチな市場からの

参入だったけれど、

感覚麻痺が起こっては、いないだろうか?

(手に入りにくいモノが買えるから、

何でも簡単に買えるの、簡単に買える

依存していないだろうか?)

 

※リアルで近くで売っている物なら、

 行って”、

 “見て”、

 “感じて”、

 “確かめて”

その場で、(リアルタイム=即)

いいものが買える!

 

冷静になれば誰でも分かる。

 

リアルな買い物=「普通ショッピング」って、

家にいて、ワンクリック=「ネットショッピング」

からすると、少しダサいかも知れないけど、

割り切って、

  『コミュ力アップ』と

  『一般情報力アップ』と

   『ダイエット』等と、

考えれば・・・・。

「なんか、本当にいいものに、

出会うかも知れない!」と思うのは、

私だけだろうか?

 

“ 決してリアルショッピングを

推奨しているのではない!”のだが、

 

正しく、安くて、良い選択

みんなしたいと思っているのではないのだろうか!?

 

そこには、最終的に、

<情報の非対称>を凌駕する

「人と人との、

正しいつながり」

がいい答えを生むような気がする。

----------------------------------------- 

「それ、

騙されてますよ!」

f:id:kkkkktorok:20180330110741j:plain

end

“ まばたき ” にすらならない人生。

f:id:kkkkktorok:20180328132203j:plain

『地球の歴史=約45億年』から思う。

 

人の一生なんて、頑張って生きて、

たかが、 『100年

 

『地球の歴史』から比べたら、人間の一生なんて、

まばたき”にすらならない『一瞬の時間 』

 

いったい何故?こんなに右往左往するのだろう?

つらく苦しい時の時間って、なんでこんなに長いんだろう?

 

www.youtube.com

 ◆最近、なぜか“カーペンターズ”の唄によく出会う。

 

「Ever Sha-la-la-la…」(yesterday once more)って所を聞いていると、

「すべては、シャラララー…」ってところから、人生は、ケセラセラ

Let it beの心境になって、悩やみ、苦しむ事が、何故か一瞬、馬鹿らしくさえ

思えてしまう。

 

でも、今、苦しかったり、悲しかったり、つらかったりするのは、

なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ・・・?

 

■自分って、いったい何なんだろう?

■人間って、いったい何なんだろう?

■人生って…?

 

そして、

みんな、なんらかの、この悩み、苦しみ、を背負って生きているんじゃあないかなあ。

一人では、なかなか解決しない事って多いんじゃないですか?

 f:id:kkkkktorok:20180328132934p:plain

そんな時、

一緒に悩んだり、泣いたり、笑ったり、苦しんだりしてくれる

仲間が必要なんじゃないでしょうか?

 

「だって人間は、決して

“ひとりでは、生きていけない

                           もの”なので!」

 

私は、あなたの気の置けない相談相手

仲間になりたいと思っています。

 f:id:kkkkktorok:20180328133820p:plain

よろしくお願いします

m(_ _)m

 

coconala.com

画期的! ソーシャル・インパクトの試み! (困っている人を、助けて、お金になる仕組み)

すごい仕組みを見つけた!

 

 ソーシャル・インパクト!

  

まずは、格差社会

もう、皆さんご存知だとも思うのですが、世界の富豪top8人の総資産が全人口の半分位の富を持っていると言う事実。

f:id:kkkkktorok:20180226072602j:plain

 こんな記事を書き始めると、不平不満だったり、

矛盾だったりの書き方になってしまっていたのだが、

 今回は、違う!!!

 

 やっぱ頭のいい人は違うわ!

 

今、世の中のお金は、ある意味だぶついている。

富裕層に偏り、有る所には信じれないくらい、一般庶民では一生かかっても使い切れない、莫大なお金を有している人がいる!そうした富裕層や投資家のお金を世の中の為に生かして使い

短期ではなく長期的な利回りを得ようという取組だ! 

 

最初は、

なんか、うさんくさいなあ。」と思いながら、調べていくと、

「ううん結構いいじゃないか!」

ある意味“ 素晴らしい!”という気持ちになったので、

今回取り上げた。

 

力のない国!に頼らず、NPO投資会社が連携して、悩める貧困層を与え、を与え、教育を施し、短期ではなく長期的な観点から年金のように3~5%ないし8%の利回りを得ようとするやり方だ。年金基金等健全な投資を探している所には、テーマの社会貢献という名目と内容は、慈善事業ではなく良い投資という事で、かなり関心が高いらしい。

 

 NHKの取材TVなのだが、ファイルが歪になっているので、最初から7分50秒くらいを見て頂いたら、ある程度は分かると思う。

www.youtube.com

 

日本でも、似たような、SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)という形で取り組んでるみたいだが、

www.youtube.com

 何か分かりにくし、日本人特有の繊細さが、逆に分かりにくく、

なんかややウザい気がする。

 

ただ、仕組み自体は至ってシンプルで、

 f:id:kkkkktorok:20180305184416j:plain

こうなるのだから、すごいんじゃない?

 

極貧ではないが、底辺すれすれの超低空飛行をしている私にとっては、ソーシャルインパクト=色々難しい問題が発生してくるかもしれないが、ぜひとも成功して欲しい。

私も参加できるものなら、何か絡みたい面白い取り組みだと思う!

 

ちょうど今、日本では、

国会をやっているが、生活保護などの質問をしている。

でもその答えは、しどろもどろ!!

 

こんなスキッとしたアイデアが、いっぱい出てきて、

国を明るくしてもらいたいと思うのは、私だけではないはずだ!

ポジティブに活性化する、面白い取り組みだと思う。

 

  がんばれソーシャル・インパクト!